東京から地方移住した3つの理由!!!

こんにちは!!!ゆきしょうです!!!

私たちはコロナ前年の2019年に東京から鹿児島に移住しました。

新型コロナ感染症の影響でテレワークが進み、以前より地方移住を考えている方が増えていると思いますが実際に決断できない方がほとんどです。

私たちも地方移住するまでに2年かかりました。

この記事では東京から地方移住した3つの理由を紹介していきます。

地方移住を考えている方に少しでも参考にしていただければ幸いです。

地方移住したいと思ったきっかけ

地方移住したいと思った最初のきっかけは子どもが生まれたことです。

もともと東京は大好きで中学生のころから繁華街によく遊びに行ってました。

結婚して3年間夫婦2人だけの生活を楽しんでいましたが、子どもが生まれてからの生活はそれまでとは全く変わりました。

子育てをしていくうちに東京は住みづらくて子育てに向いていないなと思うようになってしまいました。

妻と将来のことを話す機会が多くなっていき、子どもたちが2歳になるまでに地方移住の話が具体的になっていきました。

地方移住した3つの理由

子どもが生まれたこと

吹上浜で遊ぶ双子男児

1つ目は子どもが生まれたことです。

我が家は双子なので幼稚園に入るまでは特に大変でした。

妻の負担がかなり大きかったです。

妻や子どもたちが体調を崩した時は仕事の合間に家に戻ったり有休を取ったりしていたのを思い出します。

しかし大変な中でも子どもと過ごす時間はとても貴重な時間であると感じていきました。

そして子育てしていくうちに次の思いや問題が出てきました。

  • 自然の中でのびのび育ってほしい
  • 東京の育児環境
  • 住む場所の問題

自然の中でのびのび育ってほしい

後述しますが自然が好きで子どもたちには身近な自然の中でのびのび育ってほしいと思っていました。

もちろん子どもたちが成長して東京や福岡などの都会に出たいと言えば出してあげようと思っています。

私たちが住んでいたのは大田区の閑静な住宅街でしたが周囲に好きな自然環境はありませんでした。

成長してきたら家族で海・川・山に行きたかったのですがなかなか気軽には行けないなと感じていました。

また、車を持てるまでの余裕はなかったですし毎回レンタカーで行くのも厳しいと思っていました。

東京の育児環境

待機児童の問題がありました。

我が家は双子ということもあり、運良く入れたとしてもバラバラの保育園になる可能性があり保育料で家計が苦しくなるという問題もありました。

妻がフルタイムで働くというのも当時の状況では厳しかったので幼稚園に入園する3歳になる前に移住しようと決めました。

住む場所の問題

東京では2DK・45㎡・家賃11万5千円・駐車場代別のマンションに住んでいました。

子どもたちが成長するにつれ狭くなっていくし、飛んだり跳ねたり騒いだりするのは子どもの本能ですが周囲の迷惑になることもわかっていましたので住みづらいなと感じるようになりました。

『それだったら神奈川や千葉の家賃が安くて自然の多い所に引っ越せばいいじゃん』と言う方もいると思いますがそれは後述の通勤電車のことにつながります。

また、せっかく移住するんだったら東京から離れているところにしようと考えていました。

ちなみに今は4LDK・70㎡・庭付き小さい畑付き・家賃3万5千円・駐車場代込みの平屋に住んでいて、子どもが騒いでも何も問題はありませんし周囲の方たちに可愛がられてすくすく育っています。

自然が好き

2つ目は自然が好きなことです。

特に海が好きで、大学時代の夏休みに静岡県の下田で住み込みバイトをしたり海の綺麗な新島に旅行したりしていました。

子供の頃から釣りが好きで今でもたまに行きます。

小学校時代に両親の田舎に遊びに行った時の思い出も良いものばかりで、ずっと都会に住んでいた私は地方の人が東京に憧れるのとは真逆の田舎への憧れがありました。

仕事で新潟県新潟市に住んだ経験も良かったです。
人口80万人の地方都市で住みやすく自然も近くて食べ物も美味しいし満員電車に乗らなくていい生活。
3年住んだ後に東京に戻りましたがこの時の経験が大きな理由の1つになっています。

今は車で20分で海、近くには川、窓から外を見れば目の前に緑色の山々が見える環境に住んでいます。

通勤の満員電車が苦痛

3つ目は通勤の満員電車が苦痛でした。

東京での会社員時代は通勤が片道1時間30分、乗り換え3回でした。

当時はなんとか通勤していましたが次第にストレスが溜まっていき、なんでここまでして通勤しなければいけないんだと疑問に感じていきました。

1日3時間も通勤時間に使っているのも無駄に感じていました。

ちなみに満員電車に関してこんなデータがあります。

通勤ラッシュによるストレスは戦場以上

「機動隊員や戦闘機のパイロットは、目前の出来事によって引き起こされるストレスに対して何らかの対応がとれる。一方で、特に電車を使って通勤するサラリーマンは何の対策も打てない。両者の違いはそこにある」

CNETJapaより引用

まとめ:今の生活を変えたいと思ったら、地方移住の選択肢もあり

地方移住した3つの理由

子どもが生まれたこと

子どもと過ごす時間はとても貴重な時間であり、身近な自然の中でのびのび育ってほしいため地方移住

自然が好き

自然が好きで身近に自然がある環境が良かった

通勤の満員電車が苦痛

とにかく苦痛で、時間の無駄だと思っていた

今は子どもと過ごす時間が増え身近に自然があり適度に人がいる静かな環境で暮らしています。

地方移住を考えている方やお子さんがいらっしゃるご家庭の方に少しでも参考にしていただければ幸いです。

最近の投稿